デビットカードとキャッシュカードのそれぞれのメリットとは

VISAデビットカード比較とキャッシュカード、パッと見はほぼ同じですが違いがあり、それぞれにメリットがあります。
デビットカードは銀行に預けてある金額以内で買い物の代金の決済に利用することができるカードです。買い物をすると即時決済となるため自分の払えるだけしか買い物ができないので借金を背負うことがありません。現金主義の人でもお金を持ち歩くことなく決済を行うことができるので、大きな金額の買い物の時には大金を持ち歩く不安感が必要ありません。また、デビットカードは銀行に口座を持っていれば審査不要で作成することができるので、15歳以上から作ることができます。
キャッシュカードのメリットは現金を引き出す時だけに使えるカードです。銀行の口座と紐づけられていてATMから操作をすれば現金を引き出すことができます。銀行からお金を引き出す以外の用途がないという点は一見デメリットに感じてしまうかもしれませんが、買い物をする際などに一度現金を引き出さなければならないため余分な買い物をして無駄遣いをしてしまうことがありません。近頃ではキャッシュカードにデビットカードがついているものも増えてきています。自分で申請をしたり、自動的に付帯していることもあり、現金をATMで引き出す場合でもお店で買い物をする場合でも使えるようになっています。不要な場合には申し出をすればデビットカードの機能がないキャッシュカードを作成してくれる銀行もあります。